2011年

63 件

読むのがつらかった。悲しくて。

親鸞になり越後へ。続編が楽しみ。

言いたいことは大筋でわかりますし納得できます。ただ、やっぱりこの方、言い方が過激すぎたり、極端な部分だけをみて論じているところもあるので、誤解されやすいのではないのでしょうか。

彼の心配が現実にならぬように政治家ももちろん自分を含めた国民もしっかりしないといけないのは確か。

範宴坊、どこへ行くのだ。

映画でしかわからない世界。本当なのかもよくわからないが、知らないほうがいいらしい。

そう、アジアへの輸出が増えるよ。期待できる。

意外な人間が犯人だった。ちょっと不満。

いよいよ戦いが始まった。

ラジオ番組の内容。解説にもあったけど、お二人ともおもしろいながらも知的さがにじみ出ています。

いわゆる「マザコン」ではなくて、母に対するコンプレックスや想いはみんなそれぞれ持っていると思う。
とても考えさせられるよい短編集。

PAGE TOP