2009年10月

5 件

恋愛物の短編小説。
うちに本があったのでつい読んでしまったのだが、「男子」が読んでいいものだったのだろうか。。。
それにしても登場する女性たちはなにか悲しいものを持ちつつもみんなかっこいい。

映画化前に読みたかったが間に合わなかった。
恩地のこれからの不条理に対する「戦い」が楽しみ。

CREAという雑誌に東野圭吾特集があって、そこで第一位になっていた本。
実におもしろかった。確かにナンバーワンだ。

今回は誘拐の話。犯人の連絡方法の頭のよさに脱帽。

どうなるかと思ったが、最後はとてもいい感じに終わっていた。
二郎がその後どうなるのか、知りたいものだ。

PAGE TOP