2009年11月

5 件

ついに読了。読み応えありすぎの作品だった。
このことがあの企業の真の姿なら、再建のために、国民の血税を投入するなんてもってのほかだ。

北方版三国志を読み始めてしまった。

いよいよ、腐った連中のお掃除が開始されるが、抵抗勢力もなかなかしたたかなもので。。。

あの御巣鷹山の事故。今になっても酷い事故。ここに書いてあることが本当なら酷い話だ。

アフリカ完結篇。長かった左遷生活からの開放が目の前だが、すんなり平和な生活がくるとは思えない。はたして、これからどうなるのか。

PAGE TOP