2011年6月

4 件

加賀と父のやりとりが意外と好きだったのだが、それももうなくなるのかと思うと寂しい限りだ。以上。

5つ?の物語が複雑にそしてうまいこと絡みあう。
でも、結局”ラッシュライフ”なんだろうか?
凡人にはよくわからなかった。

関係者、全員悲しい。
八日目の蝉になりたいとは思いません。

ちなみに「せみ『虫單』」の字が出ません。

加賀の短編シリーズ。非常に読みやすい。

PAGE TOP