2012年10月

4 件

「紡ぐ者」としての宮部さんの気持ちがちょっとわかった気がしないでもない。

ラスコーリニコフは最終的に「凡人」になることができたのであろうか。

本と一緒になって事件に取り組む不思議なお話。
ユーリがんばれ。

ラスコーリニコフよ、君のおかげでこっちも気分がすぐれないぞ。

PAGE TOP