2015年

27 件

1から6まであっという間だったけど、7が出るまで長かった。しかも分厚い。やっと読了。

なんだか自業自得な人なんだけど文章がしっかりしていて最後まで読んでしまった。この人のようには絶対なれないな。

肉子ちゃん曰く、「自ら大きいって書いて臭いって読むのやから!」だって。

じみへんの作者の断捨離事情。あまりに凄くて笑える。

「教養」を身につけ自分で考えて行動する。そして「広く、ある適度深く知る」こと。完全に納得。

内容はとても面白かったが、「語らず」は日本以外では基本的に通用しないはず。。。

伊坂孝太郎短編集。わたし的には伊坂作品の短編がオススメ。

1945年8月15日前後の詳細についてさまざまな人が語っている。この本は絶対に学校での教材にするべきで、あの戦争でなにがあったのかをしっかり教えないといけない。

手紙のやり取りで事件が明らかになるストーリー。最近、手紙のやり取りなんてしていないけど、たまには手紙書くのもいいかもしれない。

過去未来の手紙のやり取りは置いておいて、見事な繋がりとストーリー。

PAGE TOP