2010年4月

6 件

17歳の時にあんなすばらしい文章書けるなんてうらやましい限り。

すばらしいと思った文章が解説にも載っていたのだが、凡人(というか国語が苦手な人間)でも同じくすばらしいと思わせるというのは、やはり天才なんだと思う。

おとり捜査官、最終章。
私的にはなんだか、いまいち理屈に合わないところがあるし、官能的な表現も気に障るしで、ちょっと残念。
やっぱ、(1)が面白かったな。

北方版三国志もとうとう読了。

やっぱ、寂しい。

乱歩賞受賞のミステリー作品。初期の作品だけれどもさすがは東野圭吾、面白かった。

清顕よ、なぜ君は気がつくのが遅いのだ。

久しぶりのミステリー。

加賀恭一郎の初登場作とのこと。

PAGE TOP